2つのカードスタンド

2020.02.27 Thursday

0

    一度使ってしまうとそれなしでは生きていけない、その中毒性はビールの2倍!

     

     

    カードスタンドはオススメです!

     

     

    カードゲームで使うのはもちろんですが、こいつが本領発揮するのはどちらかというとボードゲームです。

     

    例えばドラゴンイヤーのような最初にカードが配られて、あとはそれらを1時間使って消費していくだけのゲームの場合、カードスタンドを使うことによってホームページのトップメニューみたいないつでもアクセスできるインターフェイスが生まれゲームの把握が容易になります。

     

    また、カタンのような相手の手札枚数の把握が必要なゲームでは、カードスタンドを使うことによって手札枚数を公開できるので尋ねる必要がなくなります。

     

    さらにチケットトゥライドのような多くのカードを手札に加えるゲームの場合、カードスタンドを使うことによって簡単にカードを保持できるようになります。

     

     

    そうしてカードスタンドを使いプレイアビリティを上げられるということは、そのゲームの評価ポイントが実質0.2ポイントはアップします。

     

     

    つまり、ゲームが少し楽しくなります!

     

     

     

     

    ここで以下の2つのカードスタンドの違いについて考えてみてください。

     

     

    おそらく直線と曲線の違いと答える方が多いと思います。

     

     

     

     

    正解です!素晴らしい!

     

     

     

    ですが、真の正解がもう一つあります!

     

     

     

     

    それは「立て掛け式」「差し込み式」の違いです!

     

    左側のタイプが立て掛け式、右側のタイプが差し込み式です。

    一般的なカードスタンドだとほとんどがこのどちらかに分類されます。

     

    立て掛け式は溝が無く、手前と奥の高低差のみ利用して保持するつくりになっています。差し込み式は溝があって、そこにカードを差し込んで保持します。

     

     

    オススメは「立て掛け式」です!

     

    立て掛け式最大のメリットは、「カードがセッティングしやすい」です!

    差し込み式では溝に差し込もうとするとカードが湾曲していたり、枚数が多かったりすると意外と面倒なのです。

     

    立て掛け式では見ての通りガバガバです!ゆとりがあります!

     

     

    ゆとりがあるとカードのセッティングはもちろん、頻繁にカードが出入りするゲームにも対応可能です。

     

    これは「ライトに飛んだボールは絶対にヒットにならない」と言われた名手イチローのグローブの紐がユルユルなのとたぶん同じ感じです。対応してくるやつです。

     

     

     

    くどいようですが、買うなら「立て掛け式」です!

     

     

     

    そうまで言うならオススメの商品どれなんだ?

    という話の流れになると思いましたので調べてきました!

     

     

     

    しかしこれといったカードスタンド売ってなかったです。

    やはり自分で作らないと無いですね。

     

     

    ということで作り方教えます!

    参考にしてみてください!6本作ります!

     

     

    .曄璽爛札鵐拭爾妊劵離L字(20×20L×長さ900)を2本買います。

    ※木材はなるべく曲がっていないものを厳選してください。

     

    ▲劵離(10×30×長さ900)を2本買います。

     

    D垢気290mmに揃えてカットしてもらいます。

     

    ぬ攅用ボンドでくっつけて、最後にヤスリをかけて完成です!

    ※仕上がりでぐらつかないようにするため、底の面を揃えるようにします。ここ、慎重にやったほうが良いです!

     

     

     

     

    これを使えばゲームが少し楽しくなります!