ドイツ旅行記5日目『謎の老人』2019年

2020.03.12 Thursday

0

    依存というものは恐ろしい。時にその人の人生をも奪ってしまうからだ。

     

     

    昨日訪れた「spielbrett」にまた来てしまったのだ。

    もはや無意識でたどり着いたと言っても過言ではない。そして当たり前かのようにバッグいっぱいに購入してしまった。

     

    店内には日本人らしき客が先にいた。

    彼はモールヒルと小箱2、3点を持っていた。レアゲーの目利きは良い。私は彼がいたスペースに入れ替わりで入り、負けじとさらにレア度の高いゲームを複数購入した。

     

    しかし、今思うと声をかけておけば良かったと後悔している。彼は人が良さそうだし、一人だったから。

     

     

     

    荷物をケルン中央駅に預けて大聖堂を見学した。

     

    正直言葉を失った。

     

    こんなに巨大で美しい建造物は見たことがない。

    どれだけ素晴らしいか言葉で説明することは私にはできない。

     

    写真を見て想像して欲しい。

     

     

    RPGでラスボスを倒した後に出てくる最強の敵が地下に居そうと思ったのは私以外にもいるはずだ。

    実際に鉄格子で先に進めないエリアや、何か仕掛けがありそうな祭壇、巨大な絵画などがあった。

    これらを謎の老人からもらった秘密の書に書かれた方法で操作することで最深部に進むことができるいつものアレだ。

    ただ、最強の敵を倒したところで手に入るのはどうせ勲章のみで、ボードゲームが欲しい人にとっては興味のない話だろう。

     

     

     

    新幹線でエッセンに移動。

     

    ボードゲームに熱中してから10年。

    ようやくこの時が来た。ボードゲームの聖地に足を踏み入れたのだ。

    当時は一部の関係者や、よっぽどのフリークしか行けないものと思っていたが、ここ数年Twitterの知人、友人が行くようになり私でも行けるんじゃないかと思い始めた。

     

    だから私も言おう。

     

     

    『エッセンにはノリで行ける』

     

     

    エッセン中央駅には日本人が何組かいた。

    確率的に考えるとボードゲームを生業にしている人だと思われる。

    私もその1人だが、その姿を知っている者はあまりいない。隠れキャラだからだ。

     

    ドイツに来てからまだ部屋で酒は飲んでいない。

    しかし今日は違う。

     

    明日のエッセンシュピールの前夜祭だ!

     

    鉄格子で中に入れないあやしい空間

     

    明らかに裏がありそう

     

    この床も仕掛けがあるに違いない

     

    ドイツ人の足の長さ

     

    最深部への入り口っぽい

     

     

     

     

     

     

     

    コメント
    コメントする