ピカソになれたら 『ピクチャーズ』

2020.04.29 Wednesday

0

    誰しもがパブロ・ピカソのような作品を作れるかもしれない、そして彼らの作品を理解できるかもしれない。

     

    その可能性はこのゲームを遊ぶことによって生まれます。

     

     

    今日は傑作パーティーゲーム

    『ピクチャーズ』を紹介します!!!

     

    ピクチャーズは2019年のエッセンシュピールでPD-games社から発売されたゲームです。

    プレイヤーは様々な用具を使って特定の写真を表現し、他のプレイヤーに当ててもらったり他のプレイヤーのを当てたりするパーティーゲームです!

    正直、最近のこの手のパーティーゲームがどれも似たりよったりで革新的な作品が無いなーと感じていたタイミングで突然現れた傑作です!

     

     

    かんたんにルールを説明します!

     

    まずはセットアップ。

    周りにあるカードや積み木は各プレイヤーが担当する用具です。

     

     

    次に各プレイヤーはそれぞれ座標トークンを引きます。

    この座標トークンに対応する絵を確認します。

     

     

    今回はこの飛行機!

     

     

    そして、担当する用具を使ってこの写真を表現します。

     

     

    ピクチャーズマスターの私からするとこの辺はイージーに仕上げます!!!

    ちなみに下の「PICTURES」のタイルは写真の向きを表すために使います。

     

     

    全員の作品が完成したら次は推測タイムです!

     

    他のプレイヤーの作品を見て、どの写真を表現したのかをスコアシートに記載します。

     

     

    他の作品はどれを表現したのか推測してみましょう。

     

     

     

     

    スコアシートに書き終えあたら、一人ずつ座標トークンを公開して得点計算します。

    写真を当てたプレイヤーは1点、当てられたプレイヤーは当ててくれたプレイヤーの人数分の点数を獲得します。

     

    海外式のオシャレな正の字で一番右に加算していきます!

     

    1ラウンドが終わると、今使っている用具を時計回りに回します!

    つまり毎回別な用具を使わなければならないので、練習とかなしです!

     

     

    これらを5ラウンド行いゲーム終了となります!

    きっと得点は二の次とも思えてくる盛り上がりと、作品に対しての感想戦や主張をしたくなるでしょう。

     

     

    2020年4月30日発売!

    『ピクチャーズ』

    価格:6,490円(税込)

    プレイ人数:3〜5人

    対象年齢:8歳以上

    プレイ時間:30分

     

     

    ちなみに例に上げた作品の答えですが、

    1枚目は「C-2」を2枚目は「A-4」を表現しています。

     

    そして、3枚目は「C-3」を表現しています。

    「C-3」といえば飛行機の写真です!!!

    このゲームの秀逸なルールとして、全く同じ座標トークンが存在することです。

    「自分がこの写真だから他のプレイヤーは別な写真に違いない」が通用しません!素晴らしい!

     

    コメント
    コメントする